サイトの常時SSL化の手順を解説!エックスサーバーは設定が簡単にできる

こんにちは、「わがママ」デザイナーのきゃんです!

ワードプレスのインストールが終了したら、次はサイトの常時SSL化をしていきましょう!

SSL化というのは、安全なサイトですよーということです。

サイトが表示されている欄に鍵のマークが付いているのを見たことがあると思います。

私のサイトだとこれです。URLの前についている鍵マークです。

SSL化されていないサイト・ブログだと、鍵マークのところに「安全ではありません」「保護されていない通信」と出たりします。

Googleからの評価をもらうためにも常時SSL化はやっていきましょう!

エックスサーバーでの常時SSL化の手順をお伝えしていきます。

サイトの常時SSL化の手順

常時SSL化をするためには、エックスサーバーとワードプレス両方での設定が必要となります。

どちらにもログインしておくとスムーズにいきやすいです。

エックスサーバーの設定

エックスサーバーにログインします。

サーバーパネルにログインしていてもOKです。

エックスサーバーアカウント>ご契約一覧>サーバー>サーバー管理

サーバー管理をクリックします。

すると、サーバーパネルに移動します。最初からサーバーパネルにログインするとすぐにここにいきます。

設定対象ドメインを選択→設定するをクリック。

 

ドメイン>SSL設定をクリック

 

独自SSL設定追加をクリックします。

 

サイト>独自ドメインを選択>確認画面へ進むをクリック

 

追加するをクリック

 

追加までに少し時間がかかります。数分したら終わると思うので、それまで待ちましょう。

追加されたら、このように表示されます。

SSL設定一覧を見てみましょう。

反映待ちとなっており、右側のSSL用アドレスにはhttps://となっています。

しばらくしたら、反映されますので、次の設定に移りましょう。

サーバーパネル画面に戻ります。

ホームページ>.htaccess編集をクリック

 

.htaccess編集をクリック

 

このような画面になります。

「#END WordPress」この下に、入力する(貼り付ける)ものがあります。

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

これをコピーして貼り付けてください。

エックスサーバーのサイトにも載っており、こちらから見れます。

貼り付けたら、確認画面へ進むをクリック。

 

実行するをクリックします。

 

.htaccess編集が完了しました。と出たら、エックスサーバーでの設定は完了です。

次はワードプレスの設定に移りましょう!

ワードプレスの設定

ダッシュボード>設定>一般

ダッシュボードの設定にカーソルを合わせます。右側に出た一般をクリックします。

WordPressアドレス(URL)とサイトアドレス(URL)は「http://」となっており、「s」が入っていません。

ここに「s」を入れます。

入力したら、下にスクロールして、

変更を保存をクリック。

すると、最初はURLの前に「保護されていない通信」と出ていたのが、鍵マークがつきます。

鍵マークがついたら、常時SSL化の設定は完了です!

ちなみに、今の設定のところでサイトのタイトルの編集ができます。キャッチフレーズも入力できますよ★

あとがき

常時SSL化をすると安全なサイトとなり、安心してブログ運営ができます。

Googleからの評価もアップするのでぜひ常時SSL化しましょう。

これで家がほぼ完成したことになります。

この家を機能させるための設定をしていってくださいね!

きゃん

最新情報をチェックしよう!