【初心者向け】ブログのライバルチェクのやり方!上位表示させよう

こんにちは、「わがママ」デザイナーのきゃんです!

ブログで稼いでいくためには、とりあえず記事を書くではダメなんですよね。

初心者の自分のブログでも見てもらうためには、記事を上位表示させる必要があります。上位表示されないと悲しいくらい見てもらえないんですよね(泣)

渾身の記事でも上位表示されなければ見てもらえないので、ライバルチェックが必須なのです。

大切さはわかっても、どのようにしたらいいのか、やり方・方法がわからないですよね。

今回は、初心者に向けてライバルチェックのやり方を具体的に解説していきたいと思います。

ライバルチェックと必要性について最初に触れていきます。ライバルチェックのやり方を知りたいという方は目次からやり方へ移動してくださいね。

ライバルチェックとは?必要な理由は?

ライバルチェックとは、書こうと思うネタ+関連KWで上位表示が狙えるかをチェックすることです。

ライバルが多い&強いと他を当たろうと考えて、キーワード選定し直していきます。

先ほどもライバルチェックの必要性について軽く触れましたが、ライバルがたくさんいるレッドオーシャンに飛び込むと、「私の記事どこいった〜?おーい」と言いたくなるくらい行方不明になります。上位表示されず見られない記事になるんですよね。

その対策のためにしっかりとライバルチェックをします。

ここで、クリックされやすさのデータを見てみましょう。

1位  :21.12%
2位  :10.65%
3位  : 7.57%
4位  : 4.66%
5位  : 3.42%
6位  : 2.56%
7位  : 2.69%
8位  : 1.74%
9位  : 1.74%
10位: 1.64%

(参考元:Internet Marketing Ninjas

2017年のデータですが、このようになっていて、1〜4位までで44%を占めていることがわかります。

つまり、上位表示されないと記事はあまり読まれないということですね。

上位表示とは、検索結果1ページ目のファーストビューに入るという意味で使っています。

ファーストビューは4位までが表示されることが多いため、4位までに入ることを目指していきます。

 

ライバルチェックするタイミング

ライバルチェックはいつするのか?

ネタを探し、キーワード選定してタイトルを作成するという流れでしたね。

「メインKW+関連KW」これを決めた後、ライバルチェックをします。

この組み合わせで狙えるかをライバルチェックして調べていきます。

 

初心者向けライバルチェックのやり方

ライバルチェックは、「狙いたいメインKW+関連KWでどのくらいライバルがいるか」を見ていきます。

そして、ファーストビューに入るようにするので、ライバルの数は4人が目安。

  • 1ページ目に4人以上だとNG・・・キーワード変更!
  • 1ページ目に4人以下だとOK・・・この組み合わせでGO!

ライバルチェックのやり方はこのようにします。

①KWの近さを見る

  • メインKW+関連KW1
  • メインKW+関連KW1+関連KW2

がこの順で入っているタイトルを探して、もし上位4つにこの組み合わせの記事があれば書けないと判断して、キーワード変更します。

上位4つにいない場合は、②に進みます。

②公式サイトや企業サイトの、強そうなブログ、アフィリエイトサイトの有無

狙いたい組み合わせが上位にない場合、次に見るのが公式サイトや企業サイトなどがあるかどうかです。

無い場合

狙いたい組み合わせで狙えると考えてもいいでしょう。

有る場合

狙いたい組み合わせが無いにも関わらず、公式サイトや企業サイトなどが上位にあるということは、強いからなんですね。

なので、書けないと判断しキーワード変更です!

 

ライバルのブログのどこを見る?3つのチェックポイント

公式サイト、企業サイトは比較的わかりやすいと思います。個人ブログはどこを見るのでしょうか。

そのチェックポイントを紹介していきます。自分と比べてどうかをみます。

  • 記事の質
  • 運営歴:どのくらいの長さか、更新され続けていて運営が長いと強い傾向があります。
  • 記事数:量と更新の有無

記事の質

ライバルブログを見るとき、これが1番のポイントです。

「わかりやすく、ためになった!」と思うような記事だと記事質が良いと考えて良いでしょう。

逆に、日記のような記事、タイトルと内容がズレていたり、内容に矛盾があるなど、読んだときわかりづらいと思う記事は質が低いと考えて良いです。

この記事よりも良い質の記事が書ける場合はトライしてみましょう。無理と思う場合は、他のキーワードを探しましょう。

運営歴・記事数

運営歴が長く、記事更新され続けているブログは強いと考えて良いです。

これで記事質(コンテンツ)が良い場合は、強いブログになっているはずです。

 

初心者でも狙えるライバル

やり方をみていきましたが、初心者でも狙えるライバルは何がいるのかというところも知りたいですよね。

1〜4位に以下のライバルがいたら狙えます。

  • 個人ブログ(記事質が低い、運営歴・記事数が同じか自分より少ない)
  • 無料ブログ(アメブロ、FC2ブログ、はてなブログ、ライブドアブログなど)
  • Q&Aサイト(知恵袋、教えてGooなど)

質がいいとは言えない場合があるため、初心者でも比較的抜きやすいです。

なので、これらのライバルがいたとしたら、狙いたい組み合わせで狙ってみましょう。

 

初心者で避けたいライバル・勝てないライバル

実践を積んで、ブログパワーもついた場合は狙えることもありますが、初心者でブログが弱いと太刀打ちできないライバルがいます。

それが以下のサイトです。

  • ニュースサイト(Yahoo!ニュース、新聞会社のサイト、楽天ニュースなど)
  • 企業サイト(楽天、Amazon、個人ブログ以外の会社のサイト)
  • 公式サイト
  • アフィリエイトサイト
  • 強い個人ブログ(有名なブログ)

SEO対策もされ、キーワードで狙ってきているため、最近はより強くなっている印象です。

上記のサイトが1〜4位にいたら、即キーワード変更しましょう。

 

あとがき

上位表示を狙うために大切なライバルチェック。ライバルチェックせずに狙ってしまうと、記事が見当たらず検索されなかったという結果になります。

そうならないためにもしっかりとライバルチェックはしましょう。

ライバルチェックも感覚も大切です。まず手を動かしながら、感覚を養っていきましょう。

また、ブログパワーが付いてくるとライバルに勝つということも考えていきます。

初心者でブログパワーが小さい時は、しっかりとライバルチェックして上位表示を狙い、ブログを少しずつ強くしていきましょう!

きゃん

最新情報をチェックしよう!