ブログ記事タイトルの付け方と決め方のポイント!アクセスアップさせよう

こんにちは、「わがママ」デザイナーのきゃんです!

ブログ記事のタイトル、読まれるために、アクセスアップのために大切なことご存知でしょうか。

アクセスが来ないと言っている人の多くはタイトルに問題があると言っても過言ではないくらい大切なんです。

タイトルは何とな〜く付けてはダメ!自分勝手につけてしまうと、アクセスはほとんど来ません(涙)

タイトルにもいくつか決まりがあります。

最低限守って欲しい4つのこととは・・・

  1. 検索キーワードを入れる
  2. 30文字程度(27〜32文字以内)
  3. 記事内容とズレていない
  4. 自然な日本語の流れにする

この3つは確実に抑えてタイトルを作ります。

他にもクリックしたくなるようなタイトルにするということも必要ですが、まずこの3つは抑えましょう!

それでは、本文で詳しく解説していきますね。

ブログ記事タイトルの付け方①検索キーワードを入れる

アクセスが集まらない一番の原因となっているのが、検索キーワードをタイトルに入れていないことです。

検索キーワードとは、検索する人が検索窓に入れる言葉のこと。

どうやってこれがわかるのか?

それは、Yahoo!だったら虫眼鏡、Googleだったら関連する検索キーワード、そしてサジェストからわかります。

例えば、「沖縄 冬」と検索した場合・・・

虫眼鏡ではこのように表示されます。(2020年4月現在)

Googleではこのように表示されます。(2020年4月現在)

これが検索キーワードと読んでいるもので、左上にあるのが一番検索されているキーワードになります。

虫眼鏡を参考にすると、沖縄の冬の気温が一番気になっており、観光、服装の順になっています。

このキーワードをタイトルに入れるんです。

なぜ検索キーワードを入れるの?

それは、「沖縄 冬」で検索している人が実際に検索したキーワードが載っているから。

検索した言葉でタイトルを作るから、検索者が検索したときに自分のタイトルが表示されるんです。

検索した言葉と全く違う言葉でタイトルを作ってしまったら、タイトルは表示されません。

なので、実際に検索されたキーワードをタイトルに入れ込む必要があるのです!

メインキーワードと関連キーワード、言葉を覚えて使おう!

タイトルを付けるときに、メインキーワード、関連キーワードという言葉を使います。

この場合だと、メインキーワードが「沖縄」、関連キーワードが「冬、気温」「冬、服装」です。

タイトルの構成は、メインキーワード+関連キーワードの組み合わせであり、このように作っていきます。

沖縄+冬(2語キーワード)

沖縄+冬+気温(3語キーワード)

というようになり、この順番でタイトルを作っていきます。

 

ブログ記事タイトルの付け方②文字数に決まりがある!

タイトルも長ければいいということでもなく、短ければいいということでもありません。

検索結果に表示される文字数には限りがあり、だいたい32文字以内のことが多いです。

検索したときに、このようなタイトルを見かけたことがあるかと思います。

上のタイトルは、最後が入りきれず・・・となっています。下のタイトルはしっかりと表示され、ブログ名まで入っていますね。

上のタイトルは「冬の沖縄で何する?なんて言わせない!冬の沖縄観光の楽しみ方大公開!」というタイトルで33文字でした。

下のタイトルは「沖縄は冬こそ狙いメ!?冬のオキナワを楽しみ尽くそう!」で26文字でした。

タイトルをしっかりと表示させ、伝えられるようにするために、32文字以内にしましょう。30文字だと確実です!

最大32文字と話しましたが、最低もあります。

検索キーワードを3つほどは入れたいので、その文字を入れれる長さにする方がいいです。

「沖縄、冬、服装」だと・・・

この2つが検索上位に来ていました。

「冬の沖縄の気温・服装を移住者が画像付きで紹介!」という場合だと、23文字になります。

最低でもこのくらいは欲しいですね。

まとめると・・・

検索KWをしっかりとタイトルに含むこと、32文字以内に収めることを意識しましょう!

 

ブログ記事タイトルの付け方③記事内容とズレていない

当たり前とは思いますが、記事の内容とタイトルがズレていないことが大切です。

タイトルを見て、記事を見ます。

タイトルは記事の入り口にあたる部分なので、タイトルに書かれていることが記事にないと、「知りたいことじゃなかった」となり記事が見られなくなります。一度は経験がありませんか?

初心者の頃は、記事を書くことに一生懸命になりズレてしまうということも実はあるあるなんです。なので、タイトルを作って、記事を書いた後ズレがないか見直す必要があります。

タイトルに書かれていることは、記事にしっかりと入れましょう!

 

ブログ記事タイトルの付け方④自然な日本語の流れにする!

検索キーワードを意識するあまり、また、キーワードをたくさん入れようとすると不自然な日本語になってしまいます。

自然な日本語にするためには、

  1. 主語は一つ
  2. 検索キーワードを詰め込みすぎない
  3. 検索キーワードを並べて助詞でつないでみる

この3つを意識するといいでしょう。

主語は一つ=メインキーワードは一つ

メインキーワードは一つにします。主語が二つになると、どのことについて書いているのかわからなくなりますし、検索者は一つのことについて調べています。

一つのことについて取り上げてタイトルを作り、記事を書いていきましょう!

検索キーワードを詰め込みすぎない

検索窓に言葉を入れるのは、多くて3つ、4つでしょう。

ですので、検索キーワードは多くても4つ、できたら3つがいいです。

多く詰め込みすぎると単語でつないだタイトルになるため、不自然なタイトルになりGoogleからのペナルティも受けやすくなります。

検索者が求めていることをタイトルに入れてあげる。つまり、キーワードは多くても3つ、4つということを覚えておきましょう。

検索キーワードを並べて助詞でつなげる

最初の頃は、うまくタイトルが作れないため、助詞でつないであげるという方がやりやすいです。

助詞は、「が、は、の、と、に」など。

沖縄、冬、気温、服装

これでタイトルを作るとすると、おすすめというKW(キーワード)も入れて・・・

沖縄気温どのくらい?おすすめ服装紹介

というような感じになります。

KWをたくさん詰め込んでしまったタイトルの例・・・

沖縄の冬の気温・服装・観光・海・ダイビングのおすすめを紹介!

KWが詰め込みすぎてもはや意味がわからないタイトルになっています。

このようにたくさんKWを入れてしまうと意味不明なタイトルになり、クリックされないという結果になります。

検索者が求めていることに対して、タイトルを作り記事を書いていくということが大切になるんです。

 

あとがき

タイトルは記事を読んでもらうための入り口。クリックされるかどうかも決まります。

しっかりとSEO対策として、求めていることを示すためにも検索キーワードを入れましょう。

文字数が多いと最後まで見えないので、32文字以内にしましょう。

記事内容とズレないこと、タイトルは自然な日本語になるように意識することが大切です。

このポイントを抑えて、魅力あるタイトルを作っていけるように、練習を重ねていってくださいね。

この記事がタイトル作りの参考になると嬉しいです♪

きゃん

最新情報をチェックしよう!