Broken Link Checkerの設定方法と使い方【初心者向け】リンク切れを知らせてくれるプラグイン

こんにちは、「わがママ」デザイナーのきゃんです!

「Broken Link Checker」は「ブロークン リンク チェッカー」と読みます。

自分のブログ記事に貼ったリンクが切れていないか問題ないかを自動的にチェックしてくれるWordPressプラグインです。

なぜ必要なの?と思いますよね。

もしリンクが開けなかったり、何か問題があると読者が困ってしまいますよね。そして、Googleからの評価も下がると言われています。

ブログを運営していて、リンクを貼ることは結構あります。なので、プラグインで自動的に知らせてくれるとありがたいんです。

今回は、WordPress初心者の方に向けて「Broken Link Checker」の設定方法と使い方についてわかりやすくお伝えしていきたいと思います。

Broken Link Checkerのインストール方法と設定方法

インストールと設定を行なっていきましょう。とても簡単ですよ。

「Broken Link Checker」と手入力は時間がかかると思うので、ここに出てくる文字をコピペで入力するとより簡単です。

Broken Link Checkerのインストール方法

ダッシュボード>プラグイン>新規追加>検索窓に「Broken Link Checker」と入力

WordPressの管理画面「ダッシュボード」にログインします。

プラグインの新規追加をクリック。

検索窓に「Broken Link Checker」と入力します。

すると検索結果が表示されます。

下図のBroken Link Checkerのインストールをクリック。

同じようなプラグインがあるので、間違えないようにしましょう。

これでインストールは完了です!

Broken Link Checkerの設定方法

インストールすると「有効化」というボタンをクリックします。

有効化をクリックするとインストール済みプラグインに移動します。

下図のように「Broken Link Checker」が入っていたら設定完了です!

基本的な設定を行う場合、ダッシュボードのサイドバーの「設定>リンクチェッカー」をクリックすると細かく設定が行えます。

デフォルト(最初に設定された)ままでも問題ないので、最初のうちは触らずでもいいかなと思います。

少しずつ慣れてきて、もう少しカスタマイズしたい時に変更するでいいでしょう。

Broken Link Checkerの使い方

リンク切れや問題があったときに、どうなるの?どのように確認するの?対処法は?という疑問も出てきます。

確認と対処の仕方をお伝えしていきますね。

リンク切れの確認方法

リンク切れがあるかどうかは、ダッシュボードとメールで確認できます。

  • ダッシュボードの画面で確認する方法

ログインすると、画面左下あたりに出てきます。

インストールしたてなので、リンクエラーはありません。

エラーがあった時は「◯個のリンクエラーを発見しました」と表示されます。

  • メールで確認する方法

サイトを登録したメールアドレスにWordPressから「リンクエラーを検出しました」とメールがきます。

受信箱には下図のように来て、

クリックして詳細を確認すると下図のようにどの記事(ソース)にエラー(リンクのURL)があるかがわかります。

これはyahoo!メールに届いたメッセージです。※Gmailだと少し変わります。

このようにお知らせしてくれるので、そのリンクをクリックすると確認することができます。

リンク切れの対処方法

※現在リンクエラー表示がないため文章で説明させていただきます。

ダッシュボード画面に表示されている「◯個のリンクエラーを発見しました」という部分をクリックします。

クリックすると詳細ページが表示されます。

対処したいURLにカーソルを合わせると、「URLを編集」「リンク解除」「リンクエラーでない」「無視」「再確認」という項目が下の方に表示されます。

リンクによって、または問題があるかどうかで対処をしていきましょう。

SNSや外部サイトなどのリンクを貼って表示されなくなった場合は、「URLを編集」「リンク解除」で対処するといいでしょう。新たなリンクを貼り直すと読者がわかりやすくなります。

問題がなければ「リンクエラーでない」「無視」で対処するといいです。

対処したら「再確認」をクリックして、ステータスに「OK」と出たら修正できたことになります。

最新情報をチェックしよう!