Classic Editor(クラシックエディター)の簡単インストールと設定方法!

こんにちは、「わがママ」デザイナーのきゃんです!

Classic Editor(クラシックエディター)って何?どうやって設定するの?

というWordPress(ワードプレス)でブログを始めようという初心者の方へ向けた記事です。

Classic Editorについて簡単な説明とインストールの仕方、設定方法を簡単にわかりやすく紹介していきたいと思います。

インストールと設定方法が知りたいという方は、目次からそこへジャンプすることができますよ。

Classic Editor(クラシックエディター)って何?

Classic Editorはワードプレスプラグインの一つです。

ワードプレスは定期的にバージョンアップするのですが、バージョン5以上にアップデートされてGutenberg(グーテンベルグ)という新しい機能に変わりました。

これが新エディターと言われており、以前のエディターが旧エディターと呼ばれています。

新エディターは、ブロックエディターといわれブロックごとに分かれて見出し・文章・画像を書いたり入れているというもの(下図)。

旧エディターは、ワードのように文章を打ち込むタイプ(下図)。

旧エディターの方がシンプルで使いやすいという声が多いです。

私も旧エディターを使っていたので、こちらの方が使いやすいですね。

「Classic Editor」ではこの旧エディターの形式でワードプレスで記事が作成できます。

そのインストール方法と設定方法を次にお伝えしていきますね。

Classic Editorの簡単インストール方法と設定方法

Classic Editorのインストール方法

ダッシュボード>プラグイン>新規追加>検索窓に「Classic Editor」と入力

ワードプレスのダッシュボード(管理画面)にログインします。

ダッシュボードの下を見ていくと「プラグイン」があるので、

プラグインにカーソルを合わせると右側に「新規追加」が出てきます。

新規追加をクリックすると画面の右上に下記の図のように検索窓が出てくるので、

検索窓に「Classic Editor」と入力します。

すると下記の図のようになり、「今すぐインストール」をクリックします。

Classic Editorの簡単設定方法

インストールすると下記の図のようなるので、「有効化」をクリックします。

有効かできると、「インストール済みプラグイン」の中に「Classic Editor」が表示されます。

上図のように表示されていたら設定完了です。

めちゃめちゃ簡単ですよね!

投稿画面に行くと先ほどお伝えして「旧エディター」と同じようになっています。

これで旧エディターと同じ投稿画面で記事作成できます。

もし旧エディターじゃなくて新エディター(ブロックエディター)にしたいというときは、ダッシュボード>設定>記事設定から簡単に戻すこともできますよ。

この設定についてはまた別の記事で詳しくお伝えしますね。

最新情報をチェックしよう!