Google XML Sitemapsの設定と使い方を初心者向けに解説!サイトマップについても

こんにちは、「わがママ」デザイナーのきゃんです!

今回は、「Google XML Sitemaps」(グーグル エックスエムエル サイトマップス)というWordPressプラグインについて初心者へ向けて解説していきたいと思います。

とその前に、

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)の設定が必要になりますので、その設定を行ってからGoogle XML Sitemapsの設定に進みましょう。

Google Sear Chconsoleの設定方法はこちら→

Google XML Sitemapsの設定や使い方は?どんなプラグイン?サイトマップって何?と色々と疑問がありますよね。

Google XML Sitemapsはブログ運営に欠かせないプラグインです。なので、ぜひ導入しましょう!

①サイトマップとは、Google XML Sitemapsとは、②Google XML Sitemapsの設定と使い方、③グーグルサーチコンソールにサイトマップを追加するの順でお伝えしていきます。

設定・使い方だけでいいなという方は目次からジャンプしてくださいね。

英語、カタカナが多くて難しい〜〜となりますが、繰り返していくうちに、触れていくうちに、検索していくうちにだんだんとわかってきますので、大丈夫です。

出来るだけ初心に戻ってわかりやすく説明していきたいと思います。

1.サイトマップとは?Google XML Sitemapsとは?

サイトマップは「自分のサイト(ブログ)の地図」のようなもの。

サイトがどういう構成になっているのか、どんなカテゴリー、記事があるのかを表わすものです。

Googleにはめちゃくちゃたくさんのサイトがありますよね。なので、自分のサイトはこんなものだよーとアピールしないとGoogleに見つけてもらうのに時間がかかります。

クローラーにブログを巡回してもらう必要があるのです。※クローラーとはインターネット上にあるサイトのページ情報を収集しているものという感じです。

Google XML Sitemapsは、「クローラーに自分のサイト(ブログ)を巡回してもらうプラグイン」で

記事を投稿する→サイトマップを自動的に作ってくれる→Googleに自動で知らせてくれる(検索エンジンに知らせてくれる)

という流れになっています。

自分の記事・ブログを相手に見てもらうためには必須のプラグインということですね!

2.Google XML Sitemapsの設定方法と使い方

Google XML Sitemapsのインストール、設定方法・使い方について説明していきます。

Google XML Sitemapsのインストール方法

1)ダッシュボード>プラグイン>新規追加>検索窓に「Google XML Sitemaps」と入力

2)Google XML Sitemaps←これをコピペして検索窓に入れてください。

すると英新聞っぽいアイコンが出てくると思います。yahoo!やGoogleの小さいアイコンも載ってます。

3)「今すぐインストール」をクリック。

4)「有効化」ボタンが表示されると有効化をクリックします。

有効化されると「インストール済みプラグイン」に移動します。「Google XML Sitemaps」が表示されていたらインストール完了です。

続いて細かい設定に移ります。

5)ダッシュボード>設定>XML-Sitemapをクリックします。

すると、XML Sitemap Generator for WordPress 4.1.0というような画面になります。ちなみに「4.1.0」はWordPressバージョンの数字です。

設定が必要なところを次は説明していきます。同じ文言があるところへ下にスクロールしてくださいね。

①基本的な設定

下記のピンクの丸がある部分にチェックを入れます。

初期設定のままで大丈夫と思いますが、念のため確認してみてください。

これはGoogleなどの検索エンジンに通知するかどうかというものです。

②投稿の優先順位

初期設定では「コメント数」になっているので、「先順位を自動的に計算しない」にチェックを入れましょう。

投稿したり更新したページの優先度をXMLサイトマップでは決めることができます。Googleなどの検索エンジンに「このページを優先的にクロールしてくださいー」と伝えるということです。

コメントの数が優先的にクロール(巡回)してもらいたいページとは限らないので、自動的に優先順位が決められないように「先順位を自動的に計算しない」としたいのです。

③Sitemap コンテンツ

ここではサイトマップにどのページまでを含めるか、載せるかを設定していきます。

検索エンジンに載せたい項目を選んでいきますね。

アドセンスブログを運営する場合、下記の4つの項目でいいと思います。

  • ホームページ
  • 投稿(個別記事)を含める
  • カテゴリーページを含める
  • 最終更新時刻を含める。

④Change Frequencies

Change Frequenciesはサイトの更新頻度という意味です。

サイトをどの頻度で更新するかというのをGoogleなどの検索エンジンに知らせるために設定していきます。

上の画像の要は頻度でいいかと思います。

  • 毎日:ホームページ
  • 毎週:投稿、カテゴリー別
  • 毎月:固定ページ、今月のアーカイブ
  • 毎年:古いアーカイブ、タグページ、投稿者ページ

⑤優先順位の設定 (priority)

次は優先順位の設定をしていきます。自分のサイト内のページの中で優先順位を決めてあげます。

検索エンジンに登録(インデックス)してもらう必要のないページは「0」でもいいです。

特に決まりはないのですが、0.8くらいでいいかなと思います。

0.8:ホームページ、投稿。投稿優先度の最小値、カテゴリー別、タグページ

残りは「0」でもいいでしょう。

ここまででXMLサイトマップの作成と設定ができました。

次はグーグルサーチコンソールにサイトマップを登録します。

あと一息です!

③Sitemap コンテンツ

グーグルサーチコンソールの設定を済ませておきましょう。

先ほどの画面(ダッシュボード>設定>XML-Sitemap>XML Sitemap Generator for WordPress 〇〇←数字)の上の方を見てください。

「検索エンジンはまだ通知されていません」という見出しがあると思います。下の画像のような感じです。

「あなたのサイトマップのインデックスファイルのURL:https://自分のドメイン名/sitemap.xml」検索エンジンは通知されていません。というような文章が書かれていると思います。

サイトマップを追加するためにこのURLが必要になるので、上記のURLをコピーします。

次はグーグルサーチコンソールへ登録です!

グーグルサーチコンソールにログインします。

トップ画面は下の画像のようになっていると思います。左側にある「サイトマップ」をクリックします。

すると、「新しいサイトマップの追加」という文言があります。

サイトマップのURLを入力と薄い文字で書かれている部分に、先ほどコピーしたサイトマップのURLを貼り付けます。

貼り付けたら「送信」をクリック。

少ししたら、「サイトマップを送信しました」と出ます。出たら「OK」をクリックしましょう。

ステータスのところに「成功しました」と表示されたら登録完了です。

ステータスが「取得できませんでした」となる場合があります。

この場合はしばらく待ってみてください。

しばらく待って、再読み込みをすると「成功しました」に変わると思います。

再読み込みは下の画像の部分をクリックしてくださいね。

パソコン画面の左上のところに出ていると思います。

サイトマップに追加(登録)ができたら「Google XML Sitemaps」の設置は完了です!

長かったですね、お疲れさまでした★

最新情報をチェックしよう!