【初心者向け】Table of Contents Plusの設定方法と使い方をわかりやすく解説

こんにちは、「わがママ」デザイナーのきゃんです!

記事の中に目次を設定すると何が書かれているかわかりやすくなりますよね。

目次を設置するプラグインでおすすめなのが「Table of Contents Plus」です。

プラグインを導入して目次を導入できるのですが、なんと嬉しいことに「cocoon(コクーン)」はプラグインを入れなくてもそのままの状態でも目次が入っています。

なので、cocoonのテーマ使用している人は「Table of Contents Plus」のプラグインは不要です。

目次が入っていないテーマをお持ちの方は「Table of Contents Plus」で目次を導入できるので、ぜひ取り入れて見てくださいね。

初心者へ向けてわかりやすく解説していきたいと思います。

Table of Contents Plusのインストールと設定方法

ダッシュボード>プラグイン>新規追加>検索窓に「Table of Contents Plus」と入力

Table of Contents Plus←このままコピペしたらすぐ出てきます。

イカリマークが目印です。「今すぐインストール」をクリック。

「有効化」と出てくるので、有効化ボタンをクリックします。

するとインストール済みプラグインに移動するので、その中に「Table of Contents Plus」が表示されたらインストール&設定①は完了です。

目次を表示させるための設定

次の設定に移ります。

目次を表示させるための設定が必要となります。

先ほどのインストール済みプラグインにある「Table of Contents Plus」の設定ボタンをクリックするか、

設定からTOC+をクリックするかをします。どちらからでもOKです!

▼ダッシュボード>インストール済みプラグイン>Table of Contents Plus>設定

▼ダッシュボード>設定>TOC+

すると「Table of Contents Plus」の基本設定画面になります。

位置:そのままでOK

表示条件:4つになっているので3つへ変更する。だいたい記事の見出しが2つ+まとめの見出しの3つなので、3つの設定でいいと思います。

見出しテキスト:そのままでもいいですし、英語よりは日本語がいいという場合は、

Contents→目次

show→開く、見せる

hide→閉じる、隠す

としてもいいです、

ここまでできたら、下にスクロールします。

このような画面になるので、そのままでもOKです。

プレゼンテーションを変更してもありです。もちろんそのままでもOK。

そして、「設定を更新」ボタンをクリックすると設定完了です。

このように表示されます。

◆英語バージョン◆

◆日本語バージョン◆

最初の見出しの上に設置となっているので、最初の見出しの上に目次が来ています。

私は見出し2つから表示させるようにしているので、2つでも表示されます。

また、プレゼンテーションを「白」にしたのでこのように表示されます。

これで「Table of Contents Plus」のインストールから目次の設定まで完了しました!

おつかれさまでした(*^^*)

最新情報をチェックしよう!